キャンプ・アウトドアイベント・社会人向け野外体験創造集団「週末冒険会」

新着アウトドアイベント

 
イベント名 日付 会場
貸切ビーチで沖縄の海を満喫!!東村キャンプ 2019/11/15 沖縄県 東村 福地川海浜公園ビーチ
週末冒険会 大忘年会2019 2019/12/21 ALOHA TABLE 代官山フォレスト
【定期開催】ベーシックキャンプ2019/11/23 埼玉県 月川荘キャンプ場

»その他のアウトドアイベント一覧はこちら

焚き火とキャンプ。それは大人のアウトドアの楽しみ

行こう、森の奥深く、誰もいない場所へ。

野山を進み、森で寝起きし、食べ、行動する体験。それは、今までの自分の感性と価値観に、新しい何かを呼び起こすでしょう。

漆黒の夜の闇。寒さに震えた後の、昇る朝日の暖かさの幸せ、有り難み。火で炙っただけの食物を仲間と分け合う。本気で美味いと感じる至福の時。生きる強さ、自分の内なる野生、挑戦と冒険。満足感と充実感。大人になり、安定した穏やかな生活の影で忘れかけている、少年だった頃のワクワクとドキドキ。

”生きている”と感じられる一瞬をもう一度、思い出す旅に出かけてみませんか?

プライベート感溢れるスタイルで貴方のアウトドアライフをサポートする専門家

ボーイスカウト、サバイバルスクール、ラフティングガイドやバイクでの野宿旅、、

それらから学んだのは、野外で寝泊まりし、生きているという感覚を体で感じる喜びです。仲間と、あるいは一人で焚き火を囲み、静かに一日の旅を振り返るキャンプの夜。心に深い充実感が沁み渡ることでしょう。

その高い満足感を得る為に、週末冒険会のアウトドアは少人数制。プライベートなキャンプに近い感覚で仲間と交わり、知識と技術を学ぶ事ができます。

週末冒険会はそんな体験のプラットフォーム。アウトドアライフが貴方の一生の宝になる、その力になりたいと思っています。

新着コラム

ソロキャンプでのタープと焚き火術

2019.10.16 (水)

  ソロキャンプと言えば一昔前までは、テントのみでタープ無しのスタイルが主流だった。晴れれば星空の下で過ごし、雨が降ってきたらテントの前室で、ガスバーナーで簡単な食事を作っておしまい。今でもよくテント泊登山で見 … 続きを読む»

生き抜く技としての焚き火Part3-照明に向いた焚き火

2019.09.03 (火)

焚き火の意味を野営術という観点から解説してきた3回シリーズの最終回は、照明として焚き火をどう扱うか?についてお話ししてみたい。 これまでのシリーズはこちら ⇒生き抜く技としての焚き火①-野外調理に向いた焚き火 ⇒生き抜く … 続きを読む»

キャンプ道具を愛し過ぎるな

2019.08.06 (火)

スノーピークが発売したアウトドア用卓上コンロ”GS-600 HOME&CAMPバーナー”について、SNSの一部キャンパーの間で賛否両論、喧々諤々となっている。 何故そんな事になっているのかと言えば、製造が中国で行 … 続きを読む»

雨キャンプでのタープの張り方

2019.06.27 (木)

キャンプ時に多くの時間を過ごすメインエリア、住宅で言えば、みんなが集うリビングの役目を果たすのがタープだ。 しかし、晴れた日には充分、太陽の直射日光を遮ってくれる大きさを持つ大型タープも、雨の日になるとやや手狭、場合によ … 続きを読む»

生き抜く技としての焚き火Part2-暖房に向いた焚き火

2019.05.30 (木)

焚き火を野外生活でいかに上手く利用するか?ということで、前回からシリーズとしてお送りしているこのコラム。1回目は野外料理の為の焚き火について書いてみたが、2回目の今回は、暖房としての焚き火に焦点を当てて見たいと思う。 ⇒ … 続きを読む»

»すべてのコラム一覧はこちら

⇑ PAGE TOP