In to the Wild~サバイバル&ブッシュクラフトキャンプ


 
survival1


人が野外で生存する為に必要な要素。
それは、何もない(あるいは殆ど道具を持っていない)状況から、何とかして衣・食・住を賄うことのできる知恵と技術です。


風雨をしのぎ、体をを休める為のシェルター、人体にとって最も重要な水と、行動するエネルギーの食料の確保。灯りと暖を得るための火起し術など。
これらは、砂漠からジャングル、都市部など、どんな場所で非常事態に遭遇したとしても変わることなく必要となります。


そして、これらを可能にするために重要なものが、想像力、応用力、そしてそれらを裏から支えてくれる、経験です。


アウトドア環境でこうしたトレーニングや経験を積んでおくことで、イザという時、全く同じ状況ではなくとも、似たような環境に身を置いた過去の記憶から、どんな風に対処すればよいか、体が覚えていてくれます。
その経験は心の余裕を持たせてくれ、困難な状況を乗り越える為に必要な判断力、視野の広さ、耐える力となります。


本キャンプでは、こうしたサバイバルやブッシュクラフトの基本理念を習得する為の、技術的講習とメンタル面でのトレーニングが行われます。


一人で、自分の身を救うためにどんなことが必要か、自分の頭で考え、行動を起こして時間内に成果を出す。
そうした、”生きる力”を養う為の基礎が身につくキャンプです。


 woodlore-fundamental-bushcraft-2013-012


 


【内容と特徴】
・ベーシックスキルとして、日本国内での短期間サバイバルに重要な項目をマスター
・サバイバルの基本となる火、水、シェルターの3要素について学習
・自分の判断力、想像力を伸ばすことにより、想定外の状況に対応できる力を養うプログラム構成
・装備はインストラクター側より許可されたものだけを使用。
・単なる技術習得ではなく、体系的にサバイバルを考え、様々な状況に応用できる思考力を養成
・震災など都市部で自然災害時に遭遇した際にも役立てることが可能なトレーニング内容。

日時

2014/07/26  12:00 現地集合~翌日12:00 現地解散                           

会場

山梨県 一の瀬高原キャンプ場

会場所在地

山梨県甲州市塩山一ノ瀬高橋560

アクセス

■お車の場合
中央高速道路勝沼I.C~塩山方面(約15分)~国道411で奥多摩方面~柳沢峠(約30分)経由。
一之瀬林道入り口~民宿しゃくなげ(約15分)を左折。

■電車、バスの場合
JR青梅線 奥多摩駅よりバス(奥10丹波行)で約1時間、丹波バス停下車。
バス停よりキャンプ場までお車で送迎いたします(無料)
ご希望の場合には、予めお申し込み下さい。

経路案内はこちら

参加費用

¥12,000(税込み。講習費、食費、飲み物、保険、その他雑費含む)                  

 ■お支払い方法は以下をご利用いただけます■

【銀行振込】ゆうちょ銀行
【クレジットカード払い】VISA(ビザ)、MasterCard(マスターカード)
【コンビニ払い】セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、セイコーマート

決済方法 VISA ビザ MasterCard マスターカード セブン-イレブン、ローソン ファミリーマート ミニストップ セイコーマート

持ち物・服装

・汚れてもいい服装(ジャージなど)、帽子、雨具、
防寒着(ウインドブレーカー、ダウンジャケット等)、スニーカー等の動きやすい靴
・雨具(傘はNG)、懐中電灯、着替え、タオル、洗面道具、持薬、保険証など

今回のトレーニングでは、許可された装備品のみ使用が可能です。
詳しい持ち物については、お申し込み時にお送りいたします参加案内書でご説明いたします。
ご不安な方はお気軽にご連絡下さい。

参加条件

18歳以上の健康な方。

注意事項

・悪天候など、イベント催行に著しく不適当と判断した場合、中止とさせて頂く場合があります。
 その場合、参加費は別イベントへの振替、または返金申し上げます。

・不安な点や相談事項などがありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

スケジュール

<1日目>
12:00  現地集合、昼食
13:00  シェルター作成、火起し法など講習
16:00  個人毎での食事
18:00  補足技術講習

<2日目>
6:30   起床
7:30  朝食
9:00  振り返り&講評タイム
11:00  撤収準備
12:00  現地出発~希望者は温泉入浴、ランチ(個人負担)

イベント一覧に戻る

現在の記事: In to the Wild~サバイバル&ブッシュクラフトキャンプ

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

03-6811-2541

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

»すべてのコラム一覧はこちら

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP