汗をかいたキャンプの快眠法

2017-09-01

 

今年の夏は雨ばかりで、野外に出るチャンスに恵まれなかった人も多いかと思う。

7月からこっちに実施した週末冒険会のキャンプも、100%の降水確率だった。
これほど毎回雨に降られ続けたというのも、殆ど記憶にないくらいだ。

 

そして、雨だけならまだしも、夏のこの時期に厄介なのが、蒸し暑さだ。

気温が高く湿気が多いと、体のあちこちがベトついて気持ち悪いのは誰でも経験済みだろう。

汗が、湿度が高いと蒸発せず、汗っかきの自分にはゴアテックスのカッパも殆ど意味が無い。
蒸発するよりも遥かに発汗量が上回ってしまうので、結局下着はビシャビシャになる。。

また、ゴアのウェアと一緒に着込んでいる、速乾性に優れたインナーウェア(肌着)は、確かに乾きやすいのだが、ひどく臭う。
生乾きが一番ひどい悪臭を出すようで、特に寝る時には、寝袋の中が臭くて気になってしまう。

素材で違いがあるかもしれないと、何枚か別のメーカーのものを試してみたが、多少の差はあるものの、どれも似たり寄ったりだった。

ということで、(夏の暑い時期限定だが)私の対処法は、潔くコットンのTシャツでずぶ濡れでいること。

下手に汗を拭っても、Tシャツを変えてもどうせすぐに汗まみれになるのだから、、、と割り切ることにした。

そういえば、どこかの学者先生も、汗は体を冷やす為に体から放出されているのだから、拭き取ってしまうことは冷却効果を損なうのでNGと言っていたのを思い出した。。

 

だが、汗にまみれたまま過ごすのは、気持ちの良いものでもないのも明らかな事実。
特に、寝る際には不快なだけでなく、寝袋などを汚す原因にもなり、不潔だ。

勿論、シャワーを浴びる事の出来るようなファミリーキャンプ、あるいは川沿いでの野営ならば問題もないだろう。
しかし、登山やキャンプ場以外の野営ともなるとそういう訳にもいかない。

では、水もなく、荷物も沢山持ってはいけないというような環境で、少しでも快適に眠るにはどうするか?
現実的には、肌を乾燥させる、湿った肌触りを無くす、というのが解決法になると思っている。

どういうことかと言えば、、

 

1、汗ふきシートの利用

コンビニやドラッグストアなどで売られている、肌さっぱりシートのようなもので、顔や体を拭うこと。
これである程度の清涼感を取り戻せると同時に、肌のべとつきも取り払える。

特に、アルコール分強めの製品を使うと、より乾燥しやすく快適な気分を味わえる(肌の弱い人には向かないかもしれない)

 

2、ベビーパウダー

また、ベビーパウダーを使用するのも良い方法だ。

蒸れた足を清潔に保つため、昔からフットパウダーとして利用されているのは有名。
これをわきの下や首筋、鼠径部など、特に湿りがちな部位に擦りこんでやると、少量でもたちまちドライな状態になり、肌触りとしても快適に仕上がる。

このベビーパウダーの選び方だが、缶入りやボトルに入った状態だと嵩張り、荷物になる。
なので、パフがついた、女性の化粧品のコンパクトの形をしたものが、野外への携行には便利かと思う。

但し、あまりに汗をかいた状態で使うとさすがに効き目が悪くなるので、前述の汗ふきシートやタオルで予め水分を拭っておくとより効果的だ。

 

3、焚き火の遠赤外線

夏の暑い時期に焚き火にあたるなんて、熱くて余計に汗をかきそうと思われるかもしれない。

けれど、ある程度気温も下がってきた夜の寝る間際、焚き火に湿った服や肌をあててやると、汗をかくというよりも、乾燥してくるのである。

ポイントは熾火になった状態の火に、余り近づき過ぎずに、やや遠くから当ててやること。

この方が、炎が立ち上っている焚き火に較べて、体はあまり熱く感じていないのに、火の周囲はカラリと乾燥していて、乾く度合いは高くなる気がする(個人的な感想なので、あなたも試してみて較べて欲しい)

 

4、乾いた下着

これは説明するほどのことも無いのだけれど、寝る際には乾いた下着に着替えるというのも、快適に眠る為のポイント。

先に書いたように、昼間は(特に私のような汗っかきは)汗がバンバン出るので、いくら着替えても追いつかない。

なので、日中は諦めるとして、寝る際には乾燥した肌触りの良い下着にチェンジする事で、それまでの濡れた感じとのギャップも相まって、心地よく睡眠へと入れる。

大抵の寝袋に使われているツルツルしたナイロン生地は、汗でべとついた肌が触れると張り付くような感触があり、気持ちの良いものではない。
その為、薄手のコットン100%のロングTシャツなどが個人的にはお気に入りだ。

 

慣れない野外、ただでさえ緊張で神経が高ぶっている状況では、ちょっとした事が気になって眠りを妨げる原因になる。

こうした方法で少しでも睡眠の妨げとなる要因を排除することで、しっかり体を安めることは重要だ。

 

 

■併せて読みたい関連記事■
暑い夏のキャンプの涼しい過ごし方
夏のキャンプでの服装について考える

 

最新のコラムやイベント情報が貴方の元に届く、メールマガジンの登録は
⇩ 
⇩ 

メールマガジンに登録する »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 汗をかいたキャンプの快眠法

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

03-6811-2541

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

»すべてのコラム一覧はこちら

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP