バノック~焚き火で作る古代のパン

2017-05-11

 

あなたはバノックという名の食べ物を知っているだろうか?

簡単に言うと、原始的なパンのようなもの。

イギリスのティータイムで出されるスコーンと同じような材料で作られている。

元々はスコットランド周辺に古くから伝わる伝統的な食べ物で、北米のエスキモーやイヌイットといった先住民族の間にも、似たようなレシピのバノックが伝わっているそうだ。

 

先日のキャンプの際、キャンプ場近くの地元では有名なパン屋で、初日の昼食を買ってきた。

昔ながらの薪窯で焼かれた、フワフワアツアツのレーズンブレッド。

出来上がったばかりのパンの美味さを久々に感じながら、

”キャンプであまり道具や手間をかけず、焼きたてのパンを食べられる方法は??”

と思っていた。
そんな時にふと思い出したのが、このバノック。

以前に何度か作っていたが、暫くやってなかったので、すっかり忘れていた。

 
キャンプでパンを焼いて食べたいと思った時、問題は調理器具。

ダッジオーブンがあれば可能だろうが、それも無い場合にはなかなか難しい。。

石でかまどを組むやり方もあるにはあるのだが、かなり手間で、しかも難しい。
(この石組み竈はまた後日、紹介したいと思う)

だが、このバノックならば、特別に道具を必要としない。

焚き火さえあれば、簡易的ではあるが焼きたてのパンが食べられるのだ。

 

作り方は極めて単純。

 

材料は、、

・小麦粉 1カップ
・ベーキングパウダー 小さじ1
・塩 小さじ¼
・バター 大さじ3
・ミルクパウダー 大さじ2
・水 適量

 

作り方は、、

1)まず上記の水以外の材料を良く混ぜ、その後、徐々に水を加えて、耳たぶ程度の堅さになるまで良くこねる。
バターを湯煎などして予め溶かしておければ、混ざり易いだろう。

2)木の枝などにらせん状に巻きつける。厚みは12~13mm程度。

3)焚き火で黄金色になるまで、くるくる回しながら炙る。
炎が出ている焚き火よりも、真っ赤に燃えている熾き火の方がより上手に、美味しく焼ける。

 

以上、簡単。

 

このバノック、事前に材料をミックスしておけば、焼く前に水を加えてやるだけで、直ぐに準備が終わるのも特徴だ。

ジップロックなどに入れてキャンプやハイキングに持っていけば、簡単に調理できて、暖かく食べられる携行食とすることもできる。

 

また、上記のレシピのほかにも、色々な材料を入れて作るやり方があるようだ。

レーズンやプルーン等のドライフルーツやナッツ類を加えても、美味しいと思う。

 

焚き火の周りで、木に巻きつけたバノックを焼きながら、仲間とワイワイやりつつ食べるなんてのも、楽しいだろう。

ご飯はもちろん、おやつとしても楽しめそうなバノック、是非試してみてもらいたい。

 

 

最新のコラムやイベント情報が貴方の元に届く、メールマガジンの登録は
⇩ 
⇩ 

メールマガジンに登録する »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: バノック~焚き火で作る古代のパン

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

03-6811-2541

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

»すべてのコラム一覧はこちら

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP